メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

AIと人間=永山悦子

人工知能(AI)がドレスとバラの花を一緒に深層学習(ディープラーニング)して作り出した画像をもとにウエディングドレスデザイナーのエマ理永さんがデザインしたドレス=横浜市西区で、永山悦子撮影

 先月、カナダで人工知能(AI)の世界的な国際学会「NeurIPS(ニューリップス)」が開かれた。非常に人気が高く、前年は参加チケットが12分で売り切れ。今回は抽選をくぐり抜けた約1万3000人が詰めかけた。

 論文発表や講演など5日間の本会議の後、これから注目されそうな「とんがった」分野について、約50のワークショップが開かれた。その一つが「創造とデザインのための機械学習」。音楽や絵画、詩などのアートがテーマだ。

 昨年のNHK紅白歌合戦で、AIを使って美空ひばりさんの新曲を披露する「AIひばり」が登場したが、世の中はさらに先へ進んでいる。「今は、世界中の音楽を深層学習(ディープラーニング)したAIに1小節分のメロディーを与え、『こんな曲調に』と指示すれば新曲ができあがる」と、ワークショップに参加した清田(せいた)純・理化学研究所ユニットリーダー。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです