メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

新国立劇場 来シーズンラインアップ 11月、大野指揮で藤倉大新作オペラ

(左から)小川絵梨子、大野和士、吉田都=東京都渋谷区の新国立劇場で2020年1月8日、田中博子撮影

 新国立劇場(東京都渋谷区)は、9月から始まる来シーズンのラインアップを発表した。

 演劇は、「人を思うちから」をテーマに掲げ、2021年4月から3カ月連続で日本で愛され続ける名作を上演する。4月は三好十郎が1934年に発表した「斬られの仙太」(上村聡史演出)。5月は今敏監督の長編アニメーション映画「東京ゴッドファーザーズ」(03年)を80年生まれの藤田俊太郎の手で初めて舞台化する。6月は井上ひさし作「キネマの天地」を演劇芸術監督の小川絵梨子が演出する。小川は「3作とも市井の人々が現実と葛藤しながら、自分の進む道を見つめていく作品」と語る。09年に始まったシ…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです