「切断ヴィーナス」展 美しき義足女性たち 写真家・越智さん「先入観なくしたい」 京都で来月18日まで /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真展「切断ヴィーナス」の一コマ=写真家・越智貴雄さん撮影
写真展「切断ヴィーナス」の一コマ=写真家・越智貴雄さん撮影

 本紙の月刊パラリンピックで「パラスポーツからの贈りもの」を連載中の写真家、越智貴雄さん(41)が、義足の女性を撮影した写真展「切断ヴィーナス」を、京都市中京区の京都市男女共同参画センター「ウィングス京都」で開いている。2月18日まで。

 モデルはパラリンピック出場を目指すアスリートや会社員、アーティストら。義足をかっこよく履きこなした生き生きとした表情が目を引く。越智さんは「障害という言葉がもつネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)するような彼女たちの…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

あわせて読みたい

ニュース特集