メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞世論調査 IR「再考を」63% 内閣支持率は横ばい

 毎日新聞は18、19両日、全国世論調査を実施した。カジノを含む統合型リゾート(IR)事業の推進について「予定を見直し、再考すべきだ」との回答が63%にのぼり、「予定通り進めてよい」の22%を大きく上回った。IR事業をめぐっては、参入を狙う中国企業側からの収賄容疑で秋元司衆院議員が逮捕されるなど、中国企業が幅広く政界工作を図っていた疑いがあり、予定通り推進を目指す政府の方針に理解は得られていないようだ。(2面に関連記事と「質問と回答」)

 内閣支持層でも「再考すべきだ」は50%と半数に達したほか、不支持層では83%と高かった。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  3. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです