メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞世論調査 次の首相「石破氏」19% 安倍氏13%、小泉氏6%

 毎日新聞が18、19両日実施した全国世論調査で「次の首相」にふさわしい人を聞いたところ、自民党の石破茂元幹事長が19%で首位となり、現職の安倍晋三首相が13%で続いた。自民党内で有力な「ポスト安倍」と目されつつも「発信力不足」を指摘される岸田文雄政調会長は3%で、小泉進次郎環境相を挙げた人は6%だった。最多は「この中にはいない」の24%。

 過去の本社調査では2018年7月に、同年9月に迫った自民党総裁選に向け「次の総裁」に誰がふさわしいかを聞いた。この時は安倍、石破、小泉の3氏が、それぞれ22%、19%、19%。岸田氏は2%だった。質問内容や選択肢の数が異なるため直接比較はできないが、安倍、石破、小泉3氏を挙げた割合に開きが生じた背景には、安倍首相が「長期政権の弊害」を指摘されていることや、19年9月に初入閣した小泉氏が歯切れの良…

この記事は有料記事です。

残り3010文字(全文3381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです