連載

さあこれからだ

医師で作家の鎌田實さんが世界各地で出会った人々とのエピソードから、温かく力強いメッセージを届けます。

連載一覧

さあこれからだ

/170 子どもたち助けるチョコ募金=鎌田實

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イラクの子どもたちが絵を描いてくれたチョコ募金のパッケージの缶。ナブラスとサブリーンはがんで亡くなった=鎌田さん提供
イラクの子どもたちが絵を描いてくれたチョコ募金のパッケージの缶。ナブラスとサブリーンはがんで亡くなった=鎌田さん提供

 令和2年は波乱の幕開けとなった。1月3日、イランの最高指導者ハメネイ師の直属である革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が、イラクで米軍に殺害された。

 イラクでは、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」(IS)が勢力を伸ばした時期、10万人規模のシーア派民兵組織がつくられた。それを、イラン革命防衛隊が資金援助や短距離弾道ミサイルなどの武器の援助をしているといわれてきた。

 アメリカは、シリアやイラクでのIS掃討のために、シーア派民兵組織を利用してきたが、ISがいなくなった今、ブレーキをかけたい。さらに、今年11月に行われる大統領選挙で勝ちたいトランプ米大統領は、ソレイマニ司令官殺害を指示。ウクライナ疑惑の注目をそらし、アメリカ国内の親イスラエル派やキリスト教福音派の票固めのために、強い大統領を誇示した可能性がある。その後イランは、ウクライナ旅客機を誤射。イランの現…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1617文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集