メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 土鍋で熱々、最後まで

鍋焼きラーメンの普通サイズ。専門店ゆえに提供もスピーディーだった=いずれも筆者撮影

 開店15分前に着いたら既に店の前に人だかり。受付ボードに名前を書いて、順番を待つ。開店時間になると名前が呼ばれ、8人組、6人組といった団体客が続々と店内へと吸い込まれていった。高知県の名物麺といえば鍋焼きラーメン。その代表格がここ「橋本食堂」(須崎市)だ。この店の一メニューだった鍋焼きラーメン。その味とうわさが広がり、全国的に知られる存在となった。さすがの人気店。週末だったこともあり、開店前からごった返していた。

 ぼくが座ったカウンター席の目の前には鍋の蓋(ふた)がずらりと並ぶ。蓋の上には切った竹輪やネギが用意されていた。厨房(ちゅうぼう)の棚には土鍋がうずたかく積まれ、出番を待っている様が勇ましい。厨房には女性従業員が4人。見事な手際の良さで、テンポよく注文をさばいていく。麺をゆでる人、鍋を温めている人、それぞれに役割が明確になっていてガチャガチャしていない。従業員同士の声掛けはまるで日常会話のようで、…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パンデミックでない」WHO強調 新型コロナ感染拡大で危険性「最高」に引き上げ

  2. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです