メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

第2話視聴率は7.9% 大学の不正入試疑惑にシロクロ(MANTAN WEB)

連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に出演の横浜流星さん

[PR]

 女優の清野菜名さんと俳優の横浜流星さんダブル主演の連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第2話が1月19日に放送され、平均視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、「ミスパンダ」こと川田レン(清野さん)と、レンを操る「飼育員さん」こと森島直輝(横浜さん)の“最凶バディー”が、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗さん)の依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけるオリジナル作品。

 第2話は、一流大学の学長がナイフを持った男に襲われる事件が発生。事件の背景に、大学の不正入試疑惑にあると見たMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗さん)は、直輝(横浜さん)に、不正入試問題にシロクロをつけるよう告げる。第三者委員会が開催される日、そこにミスパンダ(清野さん)が駆けつける……という展開だった。

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 首相答弁否定のANAホテル、自民幹部と会談後に“沈黙”…圧力はあったのか?

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです