メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

僕だけが17歳の世界で

佐野勇斗&飯豊まりえW主演ドラマに石田ひかり、袴田吉彦ら(MANTAN WEB)

ドラマ「僕だけが17歳の世界で」に出演する女優の石田ひかりさん(C)AbemaTV

[PR]

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんと、女優の飯豊まりえさんがダブル主演を務め、2月20日からインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で配信される連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」に、渡辺佑太朗さん、浜野謙太さん、袴田吉彦さん、石田ひかりさんが出演することが分かった。

 ドラマは、オリジナルストーリーで、高校生の染谷航太(佐野さん)と、航太の幼なじみの芽衣(飯豊さん)が、互いに好意を抱いていることに気付くも、思いを伝えることなく航太が亡くなってしまう。7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりにふるさとに戻る。そこには死んだはずの“あの日”の航太がいた……という展開の“ファンタジー・ラブロマンス”。2月20日午後11時スタート。

 渡辺さんは、航太と芽衣の同級生でみんなのムードメーカー的存在の吉村亮平役、浜野さんは、奇跡の桜の木を守る地元の神社の神主である神藤大輝役、袴田さんは、航太と芽衣たちの地元の市長の赤池和茂役、石田さんは、航太の母親で小さい頃から航太と芽衣の関係を見守り続ける染谷志乃役を担当する。

 渡辺さん、浜野さん、袴田さん、石田さんのコメントは以下の通り。

渡辺佑太朗さん

 思わず固唾(かたず)をのんでしまうほど繊細ですてきな脚本で、登場人物たちのゆくえをドキドキしながら台本の1ページ1ページをめくっています。どんなに苦しいことがあっても飛び抜けて明るくて、仲間思いの亮平という人物を愛し、思いやりながら演じていきたいです。

 豪華なキャスト、スタッフさんたちとの撮影とても楽しいです! 早く皆さんにお届けしたいです! この作品に参加できることの幸せをかみ締めながら最後まで突っ走りたいと思います。

浜野謙太さん

 父親役としての参加ってのがとってもうれしいです。しかもよく知ってくれてるなじみのそして同年代のプロデューサーと監督さんなので威厳のある!でもなく、若い者に無理解な……でもない面白い父親をやらせてもらえそうでワクワクしてます。新しい時代の父親役をここで提唱させてもらおうと思います。

 まあ……すげえちょっと出てくるだけなんですけどすいません。メインの若者たちの葛藤をかき立てる、大人たちの葛藤をナイスに演じられたらと思っています。

袴田吉彦さん

 出演依頼を受けた時は、AbemaTVのドラマにはあまり出演したことがなかったので純粋にうれしかったです。若い世代が多く見ていると思うのでそういった層にも名前を知ってもらえるのはありがたいなと思いました。

 今回、脚本がすごく面白い内容で、台本を読むのが止まらなかったです。航太がどうしてよみがえったのか、航太と芽衣、2人の恋はどうなるのかなど見どころ満載となります。

石田ひかりさん

 時代の流れにめっきり疎いわたくしですが、いわゆる「配信モノ」に呼んでいただき、ありがたく思っています。新しい(もうそんなに驚くことでもないのでしょうね)ことにチャレンジしている皆さんからも、若い俳優の皆さんからもエネルギーをいただき、わたしもつかの間のキラキラした青春時代に浸りたいと思います。

 佐野くんとは2回目の親子役となり、また成長された佐野くんにお会いできることを楽しみにしています! たった一人の大切な息子を亡くすという悲しい役どころではありますが、残された者が少しずつでも希望の中に立ち直っていく姿を、丁寧に演じていけたらと思っております。初めての「配信モノ」。頑張ります!

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです