メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すかいらーく「従業員の健康に配慮」で24時間廃止 働き方見直しで人材確保

すかいらーくグループのロゴ=同社提供

 すかいらーくホールディングス(HD)は20日、国内155店舗で実施している24時間営業を、4月までにすべて廃止すると発表した。人口減少を背景にした人手不足の深刻化に対応し、従業員の働き方を見直し人材を確保する狙い。24時間営業の先駆けとなったファミリーレストラン最大手の方針転換により、業界内外で営業時間の見直しが加速する可能性がある。

 155店舗の内訳は「ジョナサン」92店舗、「ガスト」62店舗、「バーミヤン」1店舗。この他、「グラッチェガーデンズ」と「夢庵」を含む計411店舗で、今月から4月にかけ順次、営業時間を短縮する(店舗数はすべて2019年末時点)。今回の対応で1店舗当たり平均2・5時間営業が短くなり、チェーン全体の総営業時間は1日あたり約1300時間削ることになるという。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです