メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連のハイテク機器、国産品開発の促進制度を創設 政府が新法案提出へ

通信基地局の世界シェア(売上高)

 政府は、安全保障に関わるハイテク機器について、企業に国産品開発や欧米製品の使用を促す制度を創設する。20日に開幕した通常国会に新法案を提出する。次世代通信規格「5G」設備の導入や無人機「ドローン」の開発などが対象で、サイバー攻撃を受けにくい設備導入を後押しするのが目的。また、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などの中国製品を事実上、締め出す狙いもある。

 新制度では、5Gの基地局設備などハイテク機器の安全性や信頼性、供給安定性、国際的な互換性などの指針を策定。企業の5G設備の導入計画やドローンの開発計画などが指針に合致していれば、法人税の負担軽減や日本政策金融公庫による低利融資などの優遇措置を受けられるようにする。計画は経済産業省などが審査する。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです