ヘンリー王子「他に選択肢なかった」 王室決定「大きな悲しみ」公務引退に無念にじませ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英王室のヘンリー王子(35)は19日、ロンドン市内でスピーチし、自身と妻メーガン妃(38)が英王室の公務から退くことになったことについて「他に選択肢がなかった」と述べた。一方で「私たちの望みは公費なしで女王、英連邦、軍組織に仕えることだった。残念ながらそれは不可能だった」と、王室から事実上離れることへの無念さをにじませた。

 英王室が王子夫妻の公務引退を発表した後、王子が公に見解を述べるのは初めて。スピーチしたのは、王子らが設立した病気の子供を支援する慈善団体が主催した夕食会の席上で、動画は王子夫妻の公式インスタグラムで公開された。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文569文字)

あわせて読みたい

ニュース特集