メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リビア和平、当事者不在の共同声明 「代理戦争」停戦は不透明

リビア内戦の和平協議を前に、エルドアン・トルコ大統領(左)を出迎えるメルケル独首相(中央)とグテレス国連事務総長(右)=ベルリンで19日、AP

 北アフリカ・リビアの内戦を巡り、ドイツやロシア、トルコなど関係国首脳らは19日のベルリンでの和平協議で、リビアに対する武器禁輸を順守することなどで合意した。停戦に向けた環境作りに関係国が同意した形だが、当事者であり、当初は協議参加が伝えられたリビア暫定政権のシラージュ暫定首相と、対立する民兵組織「リビア国民軍」(LNA)のハフタル将軍は参加を見送っており、停戦が実現するかは不透明だ。

 メルケル独首相は協議後の記者会見で「軍事力による(紛争の)解決はない」と述べ、政治プロセスによって内戦を終わらせる必要性を強調。取りまとめた共同声明には、関係国がリビアへの武器禁輸を順守し軍事支援を停止するなど、内戦に干渉しない方針が盛り込まれた。合意の実現に向け、委員会を設立することも確認した。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです