メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選 ニューヨーク・タイムズが民主党候補2氏の支持表明

米大統領選を目指す民主党候補のエイミー・クロブシャー上院議員=アイオワ州オタムワで1月10日、AP

 2020年米大統領選の予備選開始を前に、米紙ニューヨーク・タイムズは19日(電子版)の社説で、民主党候補のエリザベス・ウォーレン(70)とエイミー・クロブシャー(59)の両上院議員を支持すると表明した。現職トランプ大統領を「民主主義への脅威」と批判。「国家の危機に際し、急進的(ウォーレン氏)と現実的(クロブシャー氏)の両方の手法が検討に値する」とした。

 社説はウォーレン氏を「弁舌に才能があり、優れた規制の立案者」と分析。「同意しない政策もあるが、同氏のメッセージは人々に響いている」と評価した。クロブシャー氏については「超党派の立法活動に実績がある」と指摘。「分断した米国を団結させる力を持っている」と述べた。急進左派と穏健派のどちらの方向性を選ぶのかは「予備選を通じ党と有権者が答えを出すべきだ」とした。

この記事は有料記事です。

残り164文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです