特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

「オッサン」はびこる中、「全日本おばちゃん党」を谷口真由美さんが解散した理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「全日本おばちゃん党」の解散について語る谷口真由美さん=東京都港区で2020年1月14日午後4時6分、塩田彩撮影
「全日本おばちゃん党」の解散について語る谷口真由美さん=東京都港区で2020年1月14日午後4時6分、塩田彩撮影

 法学者の谷口真由美さん(44)が2019年末、代表代行を務めていた「全日本おばちゃん党」を解散した。「おばちゃん党」はフェイスブック上のグループで、メンバーの「おばちゃん」たちが、社会問題についてあれこれと議論し、リアルの社会でも活動を広げてきた。国際人権法の専門家でもある谷口さんは、テレビ番組のコメンテーターや新聞のインタビューなどで、「おばちゃん」目線の鋭い時評を繰り広げている。「桜を見る会」、IR汚職、就活セクハラ……。「オッサン」たちが起こす問題がいまだ山積しているが、なぜ今、解散なのか? 谷口さんに聞いた。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3503文字(全文3783文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集