特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

「黒い雨」訴訟結審 判決は7月29日 被爆者手帳交付巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判所=ゲッティ
裁判所=ゲッティ

 原爆投下直後に放射性物質を含む「黒い雨」を国の指定区域外で浴びたなどとする広島県内の住民85人が、被爆者健康手帳の交付などを県と広島市に求めている訴訟は20日、広島地裁(高島義行裁判長)で結審した。判決は7月29日に言い渡される。

 事実上、国に被爆者援護法に基づく保護対象の拡大を求めている訴訟で、…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文248文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集