メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

デジタル毎日会員限定イベント ~「桜を見る会」疑惑を追う取材班が核心を語る! 1月29日一夜限りで開催~(2020/1/20)

 株式会社毎日新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)の電子新聞サービス「デジタル毎日」( https://mainichi.jp/ ) は、「桜を見る会」の疑惑について取材を続ける記者たちと読者との交流イベントを1月29日午後7時から東京・渋谷の「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」で開きます。

 記者が所属する統合デジタル取材センターは2017年4月に発足。政治部、社会部、経済部といった従来の枠組みからは独立し、取材するテーマはなんでもあり。

 世の中の関心事はなんだろうか? 新聞記者にできることは?と日々悩みながら取材を続けています。桜を見る会の取材を通して明らかになってきたさまざまな問題点や、今後の毎日新聞の取り組みについて、ざっくばらんにお話しします。

 ワンドリンク付き(ビール、カクテル、コーヒー、ジュース、ウーロン茶など)ですので、リラックスしてお楽しみください。

 また、当日は、2月1日に発売予定の『汚れた桜ー「桜を見る会」疑惑に迫った49日』(毎日新聞出版)を販売。 書店よりもいち早く購入いただけます。

■イベント参加のお申し込みはこちらから■

https://l.mainichi.jp/VqpV8jg

<イベント内容>

「桜を見る会」取材班の取材プロセスを公開

「桜を見る会」いったい何が問題なのか

新聞社と記者とSNSの新しい関係

記者の追及、生ぬるい?!メディアと官邸の関係とは

<登壇者>

毎日新聞統合デジタル取材センター取材班

齊藤信宏(センター長)

江畑佳明/大場伸也/吉井理記

日下部聡(デスク)

Twitter:https://twitter.com/mainichi_dmnd

<日時>

2020年1月29日(水)19:00~(18:30受付開始)

<会場>

渋谷「BOOK LAB TOKYO(ブックラボトーキョー)」東京都渋谷区道玄坂 2の10の7新大宗ビル1号館2F

http://booklabtokyo.com/

<参加費・ワンドリンク代込み>

「デジタル毎日スタンダード会員」もしくは「宅配購読者無料会員」(ドリンク代500円含む)2,500円

「デジタル毎日プレミアム会員」もしくは「宅配購読者プレミアム会員」(ドリンク代500円含む)1,500円

<ご注意>

※このイベントはデジタル毎日スタンダード会員、宅配購読者無料会員、プレミアム会員、宅配購読者プレミアム会員のみがお申込みいただけます。

※お申し込みの際は、毎日IDご登録時のアドレスのご入力をお願いいたします。

※お申し込みにはYahoo! JAPAN IDのアカウントが必要になります。

※スタンダード会員は今なら2カ月間100円(月額)キャンペーン中、プレミアム会員も1カ月100円でご入会いただけますので、この機会にぜひ会員ご登録の上ご応募ください。

■デジタル毎日の会員登録はこちら■

https://mainichi.jp/info/plan/

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです