メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「武士のお仕事」紹介 米沢市上杉博物館で企画展 藩の歴史資料中心に97点 /山形

将棋の駒作りの戯画=山形県米沢市で

 米沢市上杉博物館(同市丸の内1)は、所蔵する米沢藩の歴史資料を中心に「米沢藩 武士のお仕事」と題した企画展を開いている。「平和が続いた江戸時代に武士はどんな仕事をしていたのか」をテーマに、武具、書状、絵図など、97点を3月22日まで展示する。

 佐藤正三郎学芸員によると、武士は家老から足軽まで階層に応じて役目があったという。軍務をはじめ、領内の統治、警備や消防、江戸藩邸での…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです