メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大河「麒麟」PVで観賞 住民や歴史ファン160人 多賀 /滋賀

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送開始に合わせ、多賀町中央公民館で開かれたパブリックビューイング=同町久徳で、西村浩一撮影

 滋賀ゆかりの戦国武将、明智光秀を主人公にしたNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送が19日、始まった。光秀の出生地という説もある多賀町では、パブリックビューイング(PV)が町中央公民館(同町久徳)で開かれ、住民や歴史ファンなど約160人が初回放送を観賞した。

 町はPVに合わせ、光秀が主君、織田信長を討った「本能寺の変」(1582年)の4日後に多賀大社宛てに書いた、大社所蔵の文書「禁制(きんぜい)…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  3. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  4. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです