メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞・吉野さんに府が特別栄誉賞授与 /京都

 府は15日、2019年のノーベル化学賞を受賞した名城大(名古屋市)教授で、旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)に特別栄誉賞を贈った。京都市上京区の府公館で授与式が行われ、吉野さんは「サイエンスが進んだとはいえ、分かっていないことはたくさんある。目標に向かって進んでもらいたい」と若い研究者にエールを送った。

 西脇隆俊知事が賞状と、吉野さんが久美子夫人とダブルスでテニスを楽しむ写真を西陣織に仕立てた記念品を贈った。吉野さんは1970年に京都大工学部を卒業し、72年に大学院工学研究科修士課程を修了。学部時代は考古学研究会に所属し、京都女子大考古学研究会にいた久美子夫人とは考古研の活動を通じて知り合った。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 兵庫・淡路市が江戸初期の寄贈住宅取り壊し検討 子孫「壊さないで」と反発

  4. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです