メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/89 変わる韓国、停滞する日本 見切りつけ可能性選択 /大阪

保革対立が韓国社会の大きな問題になっている。反文政権集会で気勢を上げる保守派の人々。この日は数十万人が集まった=ソウルで2019年10月、筆者撮影

 7年前に韓国から大阪に来た知人のキムさんが、妻の出産予定を機に日本から引き揚げることを決めた。夫妻は30代半ば。2人とも日本の会社に勤め、日本定住も考えていた。「韓国に一時帰国するたびにどんどん変化していて戸惑うほどです。一方、日本は、7年前とほとんど同じままですね」とキムさんは言う。

 確かに韓国社会の変化のスピードは速い。1人当たりの国民総生産(GNP)は、2018年に日本は3万9304米ドル、韓国は3万3320米ドル(IMF統計)。00年に約3倍もあった開きは15%程度に縮まった。韓国に行っても、消費生活や社会インフラの水準に差をほとんど感じない。

 ITの普及と活用は日本より先を行っている。役所、銀行、買い物などで必要な日常の書類のやり取りはほぼすべてインターネット経由で済む。印鑑はほとんど使わなくなった。買い物や食事もカードかスマートフォンで決済ができ、現金に触ることの方がまれだ。

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです