メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筑紫女学園、全国高校駅伝3位を報告 選手、監督ら福岡市役所訪問 「感謝の気持ち忘れず」 /福岡

高島市長とともに笑顔を見せる筑紫女学園の選手ら

[PR]

 京都市で2019年12月にあった女子第31回全国高校駅伝競走大会(5区間21・0975キロ)で3位に輝いた筑紫女学園(松尾圭子校長)の選手らが20日、福岡市役所を訪れ、高島宗一郎市長に都大路の走りを報告した。

 訪れたのは市原沙南主将(3年)ら選手8人と長尾育子監督ら学校関係者3人。市原主将は「たくさんの方の支えのおかげで結果を残すことができた。感謝の気持ちを忘れず、さらなる目標に向かってがんばりたい」と述べた。高島市長は「首にかけているメダルの重みを誇りに思ってほしい。毎年続けていけるよう後輩にも受け継いでほしい」とさらなる活躍を期待した。

 都大路では、1区の池田朱里選手(2年)が5位でつなぎ、2区の中才茉子選手(1年)、3区の柳楽あずみ選手(同)も好位置をキープ。4区の市原主将が3位に浮上し、アンカーの永長里緒選手(2年)も落ち着いた走りを見せた。トップ3入りは優勝した2002年以来だった。【杣谷健太】

〔福岡都市圏版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです