メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活Q&A

生活の窓口から リフォームか、住み替えか

 Q リフォームか、住み替えか

 ローンを完済したマンションに夫婦で暮らしています。定年退職を機に、マンションのリフォームか住み替えかで迷っています。どのようなことに留意して決めればよいでしょうか。(60代、男性)

 A 両方のプラン比較して

 今や人生100年時代で、定年退職後のセカンドライフが30年以上に及ぶことも珍しくありません。退職後は自宅で過ごす時間も長くなるため、50~60代の方にとっては、残りの人生をより豊かで快適、安全に過ごせることに重点を置いたリフォームや住み替えが大きなライフイベントとなります。

 一方、老後は公的年金などの主な収入源からの不足部分は預貯金を取り崩しながらの生活となるため、資金計画は綿密に行う必要があります。100歳までの基本生活費と趣味・旅行費のほかに、不測の医療費や介護費などプラス1000万円程度は確保しておきましょう。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです