メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

ALL・FOR・2020 東京へ ともに歩む Together 飛び込み 19歳三上と安田コーチ

水泳世界選手権での三上の演技=宮武祐希撮影

夢は出場から表彰台へ 試練の10年 大けが何度も

 飛び込みで日本初の五輪メダルの期待を集める三上紗也可(米子DC)。東京五輪代表にいち早く決定した19歳だが、その道のりは順風満帆ではなかった。けがが多く、高校2年夏には飛び板に頭をぶつけて記憶障害になり、選手生命を危ぶまれたこともある。度重なる試練は、コーチの安田千万樹(ちまき)さん(49)とともに乗り越えてきた。出会いから10年。二人三脚の歩みを追った。【村上正】

 「今は言葉が見つからない……」。安田さんは記者が集まる取材エリアで開口一番、興奮気味にそう話した。韓国・光州で開かれた2019年7月の水泳世界選手権。三上は女子3メートル板飛び込み5位と躍動し、12位以内とする東京五輪出場条件を軽々と飛び越えた。「五輪出場は私の夢であり、いつからか三上の目標となり歩んできた」。プールサイドでガッツポーズを連発し、喜びを隠せない安田さんは新たな「夢」を口にする。「…

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文2094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです