メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 「人間形成」の要素融合を 「体育」の精神、世界へ=友添秀則

 今夏の東京五輪では、スケートボードやバスケットボール3人制など若者に人気の都市型スポーツが新たに加わります。今月8日には2022年ユース五輪(ダカール)で5人制手打ち野球の初採用が決まりました。投手を置かず、打者は軟らかいゴムボールを自分でトスして手で打つものです。スポーツとは何か。五輪開催年の初めに、スポーツの意味やスポーツと体育の違いについて考えたいと思います。

 これまで国際オリンピック委員会(IOC)が五輪で実施してきた競技はエリート層が取り組み、権威を持った団体が運営する伝統的なスポーツが中心でした。一方、東京五輪で初実施のスケートボードやバスケットボール3人制は、若者がお金をかけず、指導者もいない街中でやっていた「遊び」の延長です。国内でも大学の体育会への入部を敬遠する学生が目立ち、権威主義を好まない若者が増えています。IOCは若者の五輪離れを防ぐ…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです