特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

国交省、「桜」名簿をファイル管理簿に5年間記載せず 文書自体は保存

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会内で開かれた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部のヒアリング=2020年1月21日午後1時26分、川田雅浩撮影
国会内で開かれた安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題の野党合同追及本部のヒアリング=2020年1月21日午後1時26分、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」の推薦者名簿の管理を巡り、国土交通省は21日、国会内であった野党追及本部のヒアリングで、2011年度から15年度まで、推薦者名簿を行政文書ファイル管理簿に記載していなかったことを明らかにした。ただ、国交省の推薦者名簿の保存期間は「10年」で、文書自体は保存しているとした。不…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集