メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10年後「6G」で巻き返し 総務省が今夏総合戦略 高市氏「早期の取り組み必要」

高市早苗総務相=根岸基弘撮影

 2030年ごろの実用化が見込まれる第6世代通信規格「6G」を見据え、総務省が今年夏、国際標準規格の獲得に向けた総合戦略(ロードマップ)をまとめる。今春に商用サービスが始まる「5G」を巡る規格策定は中国勢などに出遅れたとの指摘もあり、10年後の巻き返しを図る。

 高市早苗総務相は21日の閣議後記者会見で、「国際標準策定プロセスに我が国が深く関与するため、早期に取り組みを開始することが必要だ」と述べた。五神真・東京大学長を座長とする有識者会議を27日に発足させる。NTTや東芝なども交えて官民で協議し、6…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  2. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 全国で新たに592人確認 3カ月ぶり500人超え 緊急事態解除後、最多

  5. 大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです