メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

衆院本会議で施政方針演説を行う安倍晋三首相=国会内で2020年1月20日午後2時24分、佐々木順一撮影

 安倍晋三首相が20日の施政方針演説で、島根県江津市が若者の起業を促した結果転入し、地方創生の成功例として実名で紹介した男性が県外に転居していたことが判明した。同市によると、2019年12月に男性から「東京に帰る」とあいさつがあり、演説当日には首相の演説で取り上げられるらしいとの趣旨の報告と共に「東京に戻った」との連絡があったという。

 同市によると、男性はパクチー栽培のため17年ごろに東京都内から江津市に移住し、農業生産法人を別の男性と共同で起こした。北村誠吾地方創生担当相は21日の記者会見で、男性は「個人的な事情」で同市を離れたと説明した。

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  3. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  4. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  5. 特集ワイド ホテル不足は終わった? 五輪前の「新型コロナウイルス」痛手

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです