メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

衆院本会議で施政方針演説を行う安倍晋三首相=国会内で2020年1月20日午後2時24分、佐々木順一撮影

 安倍晋三首相が20日の施政方針演説で、島根県江津市が若者の起業を促した結果転入し、地方創生の成功例として実名で紹介した男性が県外に転居していたことが判明した。同市によると、2019年12月に男性から「東京に帰る」とあいさつがあり、演説当日には首相の演説で取り上げられるらしいとの趣旨の報告と共に「東京に戻った」との連絡があったという。

 同市によると、男性はパクチー栽培のため17年ごろに東京都内から江津市に移住し、農業生産法人を別の男性と共同で起こした。北村誠吾地方創生担当相は21日の記者会見で、男性は「個人的な事情」で同市を離れたと説明した。

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです