特集

検証・安倍政権

7年8カ月余りにわたった第2次安倍晋三政権が幕を閉じました。数々の疑惑、課題が残されたままです。

特集一覧

「桜」文書管理めぐり「廃棄協議が内閣全体で滞っていた」 21日午後の菅官房長官会見詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る菅義偉官房長官=2020年1月20日午前8時54分、竹内紀臣撮影
首相官邸に入る菅義偉官房長官=2020年1月20日午前8時54分、竹内紀臣撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、21日午後の菅義偉官房長官会見でも質問が続いた。内閣府内で、廃棄すべき文書が未廃棄のままだった事例を新たに挙げ、「廃棄協議が内閣全体で滞っていた」と問題があったことを認めた。主なやりとりは以下の通り。【政治部、統合デジタル取材センター】

期限過ぎた契約書など未廃棄

 ――本日午後4時半から、政府側が参院予算委の理事に桜を見る会に関して新たな事実を報告するとのことですが、内容が分かったら、名簿の関係ともされているが、教えていただけますか。

 ◆個々の説明内容は承知しておりませんが、ご指摘の点は、名簿の関係ではないというふうに聞いています。先週、内閣府人事課において、管理簿の記載の問題があったことを受けて、私からもこの文書管理を徹底をしましたが、内閣府総務課においても、管理簿、廃棄簿などを確認したところ、保存期間が過ぎている平成23~25年の会場設営の契約書などに関する資料は、廃棄の手続きが終わっておらず、部屋の中を探したところ、ファ…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文1007文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【検証・安倍政権】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集