メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海上大量輸送、客船開発、小規模ステーション…関西で水素関連プロジェクト着々

川崎重工業が建造した世界初の液化水素運搬船=神戸市中央区の同社神戸工場で2019年12月11日午前11時19分、宇都宮裕一撮影

 「究極のクリーンエネルギー」と評される水素の実用化に向けた動きが関西で活発化している。二酸化炭素(CO2)を排出しない水素は、地球温暖化対策の観点から期待が大きいが、製造コストの高さなど普及に向けた課題は多い。関西では水素を海上で大量輸送する実験や水素船開発構想など幅広いプロジェクトが進行中。ブレークスルーをもたらせるか注目が集まる。

 2019年12月、川崎重工業神戸工場(神戸市)で同社が建造した世界初の液化水素運搬船の進水式が開かれた。オーストラリアの駐日大使ら約4000人の関係者が集まり、期待の高さをうかがわせた。「すいそ ふろんてぃあ」と命名された運搬船は全長116メートル、総トン数約8000トン。この運搬船を使い、豪州で製造した水素を日本に運ぶ実証実験が20年度に始まる。

この記事は有料記事です。

残り943文字(全文1288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです