メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

新型コロナウイルスの感染者

 中国湖北省武漢市の衛生当局は20日、2019年末から集団感染の広がる新型コロナウイルスによる肺炎で、18日に新たに1人が死亡したと発表し、死者は計3人になった。中国では20日、武漢以外の感染が確認され感染者は計218人、タイ2人、日本1人に続き韓国でも新たに1人の感染が判明し、感染者は全体で222人に増えた。25日の春節(旧正月)を前に大勢が移動を始めており、感染拡大に懸念が広がっている。

 中国当局の専門家は、遺伝子検査でヒトからヒトへの感染を確認し、「医療従事者14人への感染も起きている」と述べた。同国内の感染者の内訳は、武漢198人▽広東省14人▽北京市5人▽上海市1人。習近平国家主席は20日、国営メディアを通じ「新型ウイルスは徹底的に封じ込めなければならない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです