「初回実質0円」でも実は「定期購入」 その注意点とは 相談件数5年で18倍

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国民生活センターが公開した啓発マンガ「#映え?萎え?episode」の第1弾。マンガはフナカワさん=同センター提供
国民生活センターが公開した啓発マンガ「#映え?萎え?episode」の第1弾。マンガはフナカワさん=同センター提供

 「お試し」「初回実質0円」――。低価格を強調して定期購入契約を結ばせる販売手法を巡るトラブルが急増している。国民生活センターによると、全国の消費生活相談窓口に寄せられた相談数は2019年度(1月16日現在)3万5507件と、14年度(1925件)からの5年間で約18倍に増えた。SNS(ネット交流サービス)で広告の拡散をもくろむ健康食品や化粧品販売業者が増えているとみられ、同センターはツイッターで啓発マンガを公開して注意を呼び掛けている。

 定期購入契約を結ぶと、解約しない限り毎月1回、継続的に商品が届く。同センターによると、販売サイトなどで、初回の大幅値引きを強調した広告が掲載され、解約には「通常価格での購入」「5回以上購入」などの条件を付けるケースが目立つ。定期購入と気づかず注文し、「解約しようとしたら一定回数の購入が必要と言われた。払わなければいけないのか」などといった相談が多い。定期購入と知って契約し、不要になって解約したく…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1147文字)

あわせて読みたい

注目の特集