メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「福升」に願い込め 節分祭の準備着々 三重・二見興玉神社

節分祭の「福升」準備もたけなわ=三重県伊勢市二見町江の二見興玉神社で2020年1月20日、尾崎稔裕撮影

 来月3日の節分祭に向けて、夫婦(めおと)岩で知られる三重県伊勢市二見町江の二見興玉(おきたま)神社では、当日の参拝者や全国各地の信仰者らに譲り渡す「福升」の準備がたけなわ。神職や舞女は、今年の干支(えと)「庚子(かのえね)」の印を押したり、煎った大豆の「福豆」と厄よけの札を升に詰めたりする作業に追…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです