太宰府天満宮「飛梅」が開花 かれんに八重の花5輪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
開花した「飛梅」
開花した「飛梅」

 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の本殿前にある「飛梅」が20日、開花した。祭神の菅原道真を慕って京から一夜にして飛んできたと伝えられる神木で、白い八重の花が5輪開いているのが確認された。

 昨季の開花は2018年12月31日と早かったが、今季はおおむね例年並みとなった。参拝に訪れた人たちは写真に収めた…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

あわせて読みたい

注目の特集