連載

朝から数独

毎日新聞デジタルの「朝から数独」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

朝から数独

SUDOKU 1000回突破/下 多様なレベル、気軽に解ける初級の需要増

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
数独制作にあたる安福さん(左)と礒部さん(中央手前)=東京都中央区のニコリで2019年12月25日午後3時11分、田中泰義撮影
数独制作にあたる安福さん(左)と礒部さん(中央手前)=東京都中央区のニコリで2019年12月25日午後3時11分、田中泰義撮影

 毎日新聞に掲載されている「朝から数独」は、22日で1000回となる。読者から「難問に挑みたい」という声は多く、数独ファンの私も通勤中に「うーん」とうなりながら解くのが日課だ。一方、高齢化を背景に、気軽に楽しめる初級レベルへの需要も高まっている。【田中泰義】

「数字遊びの達人」

 新聞に難易度の高い問題が掲載されると、制作しているニコリ(東京都中央区)の社員は、解き方を尋ねる電話対応に追われる。同時に「どう作ったのか」との問い合わせも多く寄せられる。

 問題制作への関心は海外でも高い。2019年12月にマレーシアで約260人が参加した「数独早解き大会」では、ニコリ副社長の安福良直さん(52)が講演。会場の求めに応じ即席で問題を作ると大きな拍手が湧いた。

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1465文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集