メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

外務省北米局の職員に要望書を手渡すフィッシャーさん(右)=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2020年1月20日午後5時1分、竹内麻子撮影

 在留米軍の特権を認めた日米地位協定の調印から今月で60年を迎えたことを踏まえ、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)で働く米兵による性暴力被害にあったオーストラリア人のキャサリン・フィッシャーさん=東京都=が20日、地位協定の改定を求める要望書を安倍晋三首相あてに提出した。

 フィッシャーさんは2002年4月、横須…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文389文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  4. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  5. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです