メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自での長時間勤務で自殺 遺族が国に損賠求め提訴 京都地裁

防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 2014年2月に陸上自衛隊の2等陸曹だった男性(当時42歳)が長時間労働によるうつ病で自殺したのは自衛隊に安全配慮義務違反があったことが原因だとして、男性の両親が国に慰謝料など計約8000万円の損害賠償を求める訴訟を京都地裁に起こした。男性は19年9月に公務災害と認定されている。

 提訴は19年12月23日付。訴状によると、男性は陸自守山駐屯地(名古屋市守山区)勤務の衛生隊員だった13年10月12日から東富士演習場(静岡県御殿場市など)で、訓練中だった別の隊員が紛失した自動小銃の捜索に従事。…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです