メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 木村友祐『幼な子の聖戦』

今、自分たちがどこにいるのか その“現在地”をつきつけるのが小説

◆『幼な子の聖戦』木村友祐・著(集英社/税別1600円)

 「この小説では、普段なら取り繕ってしまう、人に見せたくない内面を描きました」 第162回芥川賞候補作となった「幼な子の聖戦」は、青森県の村の選挙をめぐる騒動を描いた作品だ。地元の知人から教えられたエピソードが、作中に反映されているという。

「応援した候補を裏切ったり、ある陣営が老人を投票所まで車に乗せていったりは、実際にあるようです。書き上げてから知ったのですが、青森では“津軽選挙”と呼ばれるほどあくどいことが行われてきたそうで。既得権を持つ者が志を持つ若者をつぶす構図は、まさに日本の縮図だと怒りを感じました」

この記事は有料記事です。

残り1127文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです