メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命のビザ80年

杉原千畝研究/2 ソ連を恐れたユダヤ難民

リトアニア・カウナスに現存する旧日本領事館。80年前、ビザを求めて大勢のユダヤ人が詰めかけた

 ベラルーシ中部の町ミールで昨年5月、日本の外交官、杉原千畝を顕彰する式典が開かれた。かつてポーランド領だったミールにはユダヤ教の著名な神学校があったが、1939年9月の第二次大戦勃発でソ連に占領され、神学校のユダヤ人学生や教師ら300人以上が隣国リトアニアに避難。彼らに日本のビザを出した杉原の功績をたたえるもので、神学校だった建物に記念プレートが設置された。ベラルーシでこれまであまり知られてこなかった80年前の「命のビザ」に、ようやく光が当たりつつある。

 ミール神学校のように、杉原が救ったユダヤ人はナチス・ドイツとソ連によって東西に分割・占領されたポーランドからの難民だったが、近年の研究でその実態が明らかになってきた。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです