メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命のビザ80年

杉原千畝研究/2 ソ連を恐れたユダヤ難民

リトアニア・カウナスに現存する旧日本領事館。80年前、ビザを求めて大勢のユダヤ人が詰めかけた

 ベラルーシ中部の町ミールで昨年5月、日本の外交官、杉原千畝を顕彰する式典が開かれた。かつてポーランド領だったミールにはユダヤ教の著名な神学校があったが、1939年9月の第二次大戦勃発でソ連に占領され、神学校のユダヤ人学生や教師ら300人以上が隣国リトアニアに避難。彼らに日本のビザを出した杉原の功績をたたえるもので、神学校だった建物に記念プレートが設置された。ベラルーシでこれまであまり知られてこなかった80年前の「命のビザ」に、ようやく光が当たりつつある。

 ミール神学校のように、杉原が救ったユダヤ人はナチス・ドイツとソ連によって東西に分割・占領されたポーランドからの難民だったが、近年の研究でその実態が明らかになってきた。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです