メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

過去の失敗、受け入れ前へ

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 結婚式当日に新郎がいなくなる。現実にはめったに起こらないことだが、ドラマでは意外とよく起こる。たとえば、恋愛ドラマの金字塔「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)や、近いところでは「忘却のサチコ」(テレビ東京系、2018年)が思い浮かぶ。そして、こうしたドラマで傷ついたヒロインの心を癒やすのは、転がり込んだ先の住人だったり、美食だったりして、なぜか家族ではなかった。

 今年も新春から、結婚式当日に新郎に逃げられたヒロインがいた。1月5日放送の「あしたの家族」(TBS系)だ。ホームドラマの代名詞ともいえる石井ふく子プロデューサーの新作だけあって、家族の物語である。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです