メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
私の体はテレビでできている

過去の失敗、受け入れ前へ

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 結婚式当日に新郎がいなくなる。現実にはめったに起こらないことだが、ドラマでは意外とよく起こる。たとえば、恋愛ドラマの金字塔「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)や、近いところでは「忘却のサチコ」(テレビ東京系、2018年)が思い浮かぶ。そして、こうしたドラマで傷ついたヒロインの心を癒やすのは、転がり込んだ先の住人だったり、美食だったりして、なぜか家族ではなかった。

 今年も新春から、結婚式当日に新郎に逃げられたヒロインがいた。1月5日放送の「あしたの家族」(TBS系)だ。ホームドラマの代名詞ともいえる石井ふく子プロデューサーの新作だけあって、家族の物語である。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです