メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

過去の失敗、受け入れ前へ

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 結婚式当日に新郎がいなくなる。現実にはめったに起こらないことだが、ドラマでは意外とよく起こる。たとえば、恋愛ドラマの金字塔「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)や、近いところでは「忘却のサチコ」(テレビ東京系、2018年)が思い浮かぶ。そして、こうしたドラマで傷ついたヒロインの心を癒やすのは、転がり込んだ先の住人だったり、美食だったりして、なぜか家族ではなかった。

 今年も新春から、結婚式当日に新郎に逃げられたヒロインがいた。1月5日放送の「あしたの家族」(TBS系)だ。ホームドラマの代名詞ともいえる石井ふく子プロデューサーの新作だけあって、家族の物語である。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです