メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

手話CG動画で見どころ解説 五輪・パラリンピック担当のNHK専任部長 石井広行さん

石井広行さん=小林祥晃撮影

 「コンピューター・グラフィックス(CG)化した動画を見てもらえれば、手話表現の奥深さや豊かさを改めて実感できると思います」

 NHKは、東京五輪・パラリンピックの全競技の見どころを、CGアニメーションの女性キャラクターが手話で解説する動画を63本制作。今月、インターネットサイトで公開し始めた。手や指の動きに合わせ、口を動かしたり顔をしかめたりする仕草もリアルに再現。制作責任者で、NHK2020東京オリンピック・パラリンピック実施本部の専任部長、石井広行さんは「手話に触れる機会のなかった人が、関心を持つきっかけになればうれしい」と話す。

 NHKは、障害の有無や母国語の違いなどにかかわらず、全ての視聴者に五輪・パラリンピックを楽しんでもらう「ユニバーサルサービス」の充実を掲げており、今回の動画公開はその一環。動画は1本当たり数十秒で、特設サイト「東京2020オリンピック」「パラリンピック」でそれぞれ視聴できる。制作には、体に複数のセンサーを付け、動きをデータ化する「モーションキャプチャー技術」を使用。手話通訳者の動きを取り込み、C…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです