メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷柱なくとも竹あかり 25日ライトアップ 町民と高校生「地域の灯消さない」 小鹿野 /埼玉

竹の中にろうそくを入れ、竹あかりの光模様をチェックする小鹿野高の生徒=埼玉県小鹿野町で

 暖冬で氷柱が育たず、無料公開となっている小鹿野町の尾ノ内百景氷柱会場で25日、ライトアップが行われる。その準備で地元の小鹿野高校生徒会(9人)が会場までの暗い道約200メートルを照らす「竹あかり」約300本を設置した。この背景には「氷柱は消えても地域おこしの明かりは消さない」と誓う氷柱関係者と高校生の心意気があった。【松山彦蔵】

 尾ノ内氷柱は5日に開幕。だが、気温の高い日が続いて氷柱が消えたため、町民有志でつくる氷柱実行委員会は9日から入場料を取らず、会場を無料公開にしている。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 大阪府で新たに17人感染確認 無症状の小学生も 4人が味覚や嗅覚の異常訴え

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです