氷柱なくとも竹あかり 25日ライトアップ 町民と高校生「地域の灯消さない」 小鹿野 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
竹の中にろうそくを入れ、竹あかりの光模様をチェックする小鹿野高の生徒=埼玉県小鹿野町で
竹の中にろうそくを入れ、竹あかりの光模様をチェックする小鹿野高の生徒=埼玉県小鹿野町で

 暖冬で氷柱が育たず、無料公開となっている小鹿野町の尾ノ内百景氷柱会場で25日、ライトアップが行われる。その準備で地元の小鹿野高校生徒会(9人)が会場までの暗い道約200メートルを照らす「竹あかり」約300本を設置した。この背景には「氷柱は消えても地域おこしの明かりは消さない」と誓う氷柱関係者と高校生の心意気があった。【松山彦蔵】

 尾ノ内氷柱は5日に開幕。だが、気温の高い日が続いて氷柱が消えたため、町民有志でつくる氷柱実行委員会は9日から入場料を取らず、会場を無料公開にしている。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文894文字)

あわせて読みたい

注目の特集