メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴリラやサルの生態 絵本で生き生き表現 ふしはらのじこさん原画展 下京・26日まで /京都

ふしはらのじこさんの絵本原画に見入る来場者=京都市下京区の東本願寺しんらん交流会で、菅沼舞撮影

 京都在住の絵本作家、ふしはらのじこさんの絵本原画展「ゴリラの森 ヤクシマザルの森 きょうとの町へようこそ」が、京都市下京区の東本願寺のしんらん交流館で開かれている。ふしはらさんは1989年と91年に家族と共にアフリカ・コンゴで暮らした経験があり、ゴリラやサルの豊かな表情や生態を生き生きと描いている。入場無料で26日まで。

 迷子になった双子のゴリラを優しいタッチで描いた「ふたごのゴリラ」(福音館書店)、鹿児島・屋久島に暮らすサルの目を通して自然の面白さを伝える「ヤクシマザルを追って」(野草社、文・山極寿一、2020年春刊行)、鮮やかな色合いが目を引く「京のわらべうた いっしょにうたいまひょ」(三上啓子編、かもがわ出版)の3冊の原画と、新聞・月刊誌のコラムの挿絵の計約60点を展示している。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 大阪で新たに53人感染、1日あたり過去最多 計481人に

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです