メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「麒麟がくる」効果てきめん 「海の京都エリア」観光客数 年末年始、前年度より5万人増 /京都

 府北部地域連携都市圏振興社(通称・海の京都DMO)は令和になって初めて迎えた年末年始(昨年12月28日~1月5日)に「海の京都エリア」の主要観光施設を訪れた観光客数が、前年度比約5万人増の17万9882人で、ほとんどの施設で増加したと発表した。府北部ゆかりの戦国武将・明智光秀を主人公にしたNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で注目が集まったほか、積雪もなく天候に恵まれたことが増加につながった。

 「海の京都エリア」の舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町の7市町にある計39施設から観光客数を調査した。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです