メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

市立学校給食センター(宇陀市) 調理の「甲子園」再び準優勝 地元の味、渾身メニュー /奈良

学校給食甲子園で準優勝になった宇陀市給食センター=同センター提供

 学校給食の頂点を目指して地元食材を生かした献立や味などを競う「第14回全国学校給食甲子園」。2019年12月に東京都で開催された決勝大会には宇陀市立学校給食センター(同市榛原萩原)が出場し、前々回に続く、二度目の準優勝の栄冠を手にした。センターは「これからも子どもたちに残さず食べてもらえる給食を目指し、腕を磨きたい」と意気込む。【広瀬晃子】

 給食甲子園は年に1回実施される学校給食の全国大会で、子どもたちの食育などを研究するNPO法人が06年から始めた。今大会には全国の計1447施設・学校から応募があり、宇陀の給食センターは計4回にわたる書類審査を通過し、12施設・学校しか出場できない決勝に進出。そんな狭き門の決勝に進むのは今回で4回目という常連施設だ。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. 特集ワイド 北朝鮮、コロナ禍で金王朝に異変? トップ女優、謎の復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです