メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしQプラス

多頭飼育崩壊、早期対応を NPOが高齢者を支援 /福岡

穴が開いた壁を示し、多頭飼育崩壊を説明する日本アニマルケースワーカー協会の西原理事長

 過剰な数の動物を飼育し、世話ができなくなる「多頭飼育崩壊」が社会問題化している。悪臭が発生し、ペットの生命にも影響するが、飼い主の高齢化や生活困窮、病気などが起因する場合も少なくない。不幸なペットを増やさないためにも家族だけでなく行政や福祉、NPOなどが連携した早期発見・予防が重要だ。多頭飼育崩壊を経験した後、生活再建を果たした高齢者夫婦を取材した。【松田栄二郎】

 「猫の数が減り、かなり気持ちが楽になった」。北九州市小倉南区の戸建て住宅で暮らす80代の女性はほっとした表情を見せた。80代の夫と2人暮らし。1階に8畳の猫専用部屋があり、以前は子猫を含む17匹を飼っていたが、取材した2019年11月下旬には9匹に減っていた。壁紙は猫が爪研ぎをするせいで剥がれ落ち、約30センチ四方の穴が開いた部分もある。この穴から床下を通じて野良猫も出入りしたという。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 官邸主導トップダウンできしみ 内閣官房健康・医療戦略室 vs 医療現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです