メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久留米をプロレスでにぎやかに 全日本「三冠」王者・宮原健斗選手が市長表敬、来月18日の大会PR /福岡

チャンピオンベルトを持参して久留米大会への意気込みを語る宮原選手(左)

 全日本プロレスの「三冠ヘビー級チャンピオン」、宮原健斗選手(30)=福岡市早良区出身=が21日、久留米市の大久保勉市長を表敬訪問し、2月18日に地場産くるめ(同市東合川)で開催される「全日本プロレスEXCITE SERIES2020久留米大会」をPRした。

 各地を回るシリーズの一つ。同市での大会は6年ぶりで、同月11日に東京で防衛戦に臨む宮原選…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです