メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

450人が武雄で合同訓練 九州管区広域緊急援助隊 /佐賀

土砂で倒壊した家屋に取り残された被災者役を救出する県の広域緊急援助隊ら

 2019年8月の記録的な大雨で大きな被害を受けた武雄市で21日、九州沖縄の8県警でつくる「九州管区広域緊急援助隊」の合同訓練があった。関係機関の連携強化と災害に対する現場対処能力の向上が目的。陸上自衛隊や杵藤地区消防本部、佐賀DMAT(災害派遣医療チーム)などの関係機関も参加し、計約450人が実践的な訓練に汗を流した。

 訓練は県内全域に大雨特別警報が発表され、低平地で浸水、山間部では土砂崩れが発生したとの想定で実施された。土砂で埋まった車や水没して孤立した家など七つの被災現場が再現され、県の緊急援助隊は土砂で倒壊した家屋での救助を担当。救助犬を使い、中に人が取り残されていないかやガス漏れの有無を調べ、慎重に進入経路を確保するなどした。その後、助けを待つ被災者役やダミー人形に声をかけながら救出し、医療機関に引き継…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  4. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです