メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 就学不明、法令でも対応 外国籍の子、国が関与 文科省報告書案

 日本に住民登録する外国籍の子ども約2万2000人が、小中学校に通っているか分からない「就学不明」になっている問題で、文部科学省は21日、文科省が設置した有識者会議の提言を受け、就学機会の提供や日本語教育の体制確立について「法令上の措置を含めた制度的な対応を積極的に検討すべきだ」とする報告書骨子案をまとめた。外国籍の子どもは義務教育の対象外で、これまで対応が自治体任せにされてきたが、法的な根拠をつくって国が関与することを要望した。【奥山はるな、堀智行】

 骨子案では、国や自治体に外国人への日本語教育実施の責務を定め、2019年6月に成立した「日本語教育推進法」の基本方針に就学促進に関する事項を位置づけると明記。指導体制の確保・充実▽日本語指導担当教師の指導力向上と支援環境の改善▽就学状況の把握と促進――など5本の柱を設定した。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです