メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

常連客の相手だけでは=古賀攻

 <sui-setsu>

 安倍自民党による権力の長期独占に対し、野党側の七転八倒が続く。大きなかたまりを作らなければ政権はやりたい放題だと頭では分かっていても、互いのアイデンティティーがぶつかり合う。

 立憲民主党と国民民主党との合流協議が不調だった理由は、おおむね次のようなものだろう。

 (1)早期の衆院解散という見立てが外れて協議の勢いがそがれた

 (2)立憲側が「吸収合併」以外まかりならぬと強気で押し通した

この記事は有料記事です。

残り835文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです